スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

例えば『当て逃げ』『もらい事故』は自動車保険で補償されるんだよね?

自動車保険といっても、全ての自動車事故が対応できるわけではありません。例えば『当て逃げ』は、車両保険になりますが、エコノミーだと補償されないことが多いです。また『当て逃げ』で気をつけたいのが、相手の確認ができないケースでも補償されるかどうか!相手の確認ができてはじめて補償されるケースもあるようです。なお『当て逃げ』と少し似ているのが『もらい事故』です。一般的な自動車保険では、『もらい事故』は補償外なことが多いです。これ自動車保険の盲点の1つですが、本人に全く過失が無い場合、保険会社は相手と示談交渉などをすることができません。そのため『もらい事故』を補償させるには、弁護士費用特約などを付け加える必要があります。また『もらい事故』の場合、相手が過失を認めなかったり、賠償しなかったりすることがあるようです。こんな相手と示談交渉するのは、ストレス以外のなにものでもありません。個人的には、弁護士費用特約は、必ず加える特約の1つだったりします。一番安い自動車保険を選んだとしても、その補償内容は十分に精査するべきですね!安い保険料は、その程度の補償しかありませんので!
関連記事

| 自動車保険の補償について | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。