スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

例えば『当て逃げ』『もらい事故』は自動車保険で補償されるんだよね?

自動車保険といっても、全ての自動車事故が対応できるわけではありません。例えば『当て逃げ』は、車両保険になりますが、エコノミーだと補償されないことが多いです。また『当て逃げ』で気をつけたいのが、相手の確認ができないケースでも補償されるかどうか!相手の確認ができてはじめて補償されるケースもあるようです。なお『当て逃げ』と少し似ているのが『もらい事故』です。一般的な自動車保険では、『もらい事故』は補償外なことが多いです。これ自動車保険の盲点の1つですが、本人に全く過失が無い場合、保険会社は相手と示談交渉などをすることができません。そのため『もらい事故』を補償させるには、弁護士費用特約などを付け加える必要があります。また『もらい事故』の場合、相手が過失を認めなかったり、賠償しなかったりすることがあるようです。こんな相手と示談交渉するのは、ストレス以外のなにものでもありません。個人的には、弁護士費用特約は、必ず加える特約の1つだったりします。一番安い自動車保険を選んだとしても、その補償内容は十分に精査するべきですね!安い保険料は、その程度の補償しかありませんので!
スポンサーサイト

| 自動車保険の補償について | TOP↑

自動車保険で外したくないのが無保険車傷害保険!

自動車保険を見直す場合、管理人的に外したくないのが無保険車傷害保険や無保険車傷害特約!これ自動車事故を起こした相手が自動車保険に加入していない(無保険)の場合に自分の自動車保険から保険金を受け取ることができるという保険になります。なお対象者は、補償の対象となる車に乗っている人が死亡、もしくは後遺障害を被った場合です。自動車の損害に対しては基本的に補償されません。

例えば相手に非がある自動車事故でも保険に加入(正しくは対物保険)していない場合、保険が支払われることはありません。そこで自分の自動車保険から支払ってもらえるようにするわけです。なお支払い限度額は、相手が負担すべき損害賠償責任の不足分となります。

但し、全てのケースで補償されるわけではなく、例えば相手が無免許や飲酒運転の場合や、被保険者(相手)の故意によって生じた傷害については補償されないそうです。

なお当て逃げに関しては、保険会社でまちまちですね。例えば、駐車場での当て逃げを補償する保険会社がある一方で、相手が分からない当て逃げは補償しないというケースもあります。特に当て逃げに関しては、自動車保険を見極めるうえでもポイントになるのでしっかりチェックしてみるといいです。

また無保険車傷害保険は、対物賠償保険に自動付帯している場合や、特約で加える場合など保険会社で異なる感じですね。だいたいは対物保険に自動付帯なので意識することが無いのが現実ですが・・・しかし、この辺もしっかりチェックしておきたいです。

特に自動車保険を経験したことがない方にはピンとこない補償ですが、こと対物保険に関しても、その加入率は7割程度なので、単純計算でも30パーセント近くは加入していないことが考えられるわけです。ぜひ気をつけておきたいものですね!

| 自動車保険の補償について | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。